グアムマラソン

(以下、T:トニー長老/K:かおり)

K:グアム行かれたんですよね。

T:うん。4月8日にグアムマラソン走ってきた。
日曜日の朝4時にスタート。

K:早朝ですね!

T:暑い地域のマラソンはスタート時刻早いのよね。
僕は今回ハーフマラソンやったから4時やったけど、
フルマラソンやったら3時、10キロが5時、5キロが6時スタートやね。

K:へー。

T:で、制限時間は朝10時。
10時で締め切りだから、それまでにゴールしないといけない。

K:グアムマラソン、なんで走ろうと思われたんですか?

T:理由はめちゃめちゃミーハーでね 笑
グアムマラソンのアンバサダーをしてはるのがシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さん(Qちゃん)なのよ。
PIAが主催するツアーで行くと、Qちゃんと一緒に前日のコンディショニングランを走れたり、エネルギーを蓄えるためのカーボローディングパーティっていうのがあるんだけど、それも一緒に参加したりできるし、マラソン走ってる途中もQちゃんとハイタッチしながら走ったり、マラソン終わった後のパーティーにもQちゃんが来てくれたりするという。

K:あはは。Qちゃんのファンなんですか?

T:去年のホノルルマラソンの時に、たまたま同じPIAで行くホノルルマラソンツアーというので参加して、それがQちゃんと一緒にできるというツアーだったんだけどね、それがなかなか面白かったんでね。今回もグアムマラソンでそれを見つけたんで、参加したのよ。

K:面白かったですか?

T:面白かったよ。グアムむちゃくちゃ蒸し暑かったけどね。
金曜日からずっと雨で、突然スコールがザーッと来たりするのが繰り返されるされてて大変は大変やったね。

K:走ってる時もですか?

T:走ってる時は、雨は降ってなかったけど湿度が高くてむちゃくちゃ蒸し暑くて、走り出したらあっという間に汗が吹き出して来てね。脱水症状なりそうな感じやったよ。

K:へー。コースはどんな感じなんですか?

T:スタートして1キロぐらいの所から、心臓破りの坂みたいなんがあって、それを一気に登って、それを3キロから4キロかけて下りて行くの。その後は、海岸沿いの海が見えてる平坦な道を走って行くいい感じのコースなんやけど、
朝の4時にスタートしてるから、景色は全く何にもない。

K:アッハハ。暗いってこと?

T:うん。真っ暗。
街灯も少ないから、前の選手すら見えなくなる時もあってね。
人数がハーフで1000人ぐらいしか走ってないから、結構まばらな感じで、最初の心臓破りの坂のところでむちゃくちゃバラけるからね。そこから下り坂になったら周りに人が少なくなってってね。

K:へー。じゃあ結構、孤独に走る感じですか?

T:そうそう。孤独に走る感じ。
で、たまに人が現れて抜いてったり抜かれたりみたいな。

K:へー。

T:だから、かなり余裕ありありの感じで走れるよ。
他の、ホノルルマラソンとか福岡マラソンとかでも何万人と走るやん。押し合いしながら走ってく感じやけど、一切そんなんないから。

K:へー。

T:そういう意味では、ストレスがなくて、走りやすいね。

K:ふーん。

T:そんな所で、湿度が高くて最初から汗が吹き出して、
なんかもう水が足りなくなりそうな状態やったんで、最初っから給水しまくって走ってたよ。
途中から、シャワーみたいな雨が降り始めてきたんで、それは気持ち良かったね。

で、折り返して、それまでダラダラと下りてた坂を今度は登るんやけど、その登りにかかった頃に土砂降りのスコールがやってきて、もう、その坂道が一瞬にして川に変わってね。
上から、雨がものすごい勢いで流れてくる中を、びちゃびちゃ びちゃびちゃ いいながら上がっていくっていう。
ほんとにすごかったよ。あの雨。
最後の5キロはほんまにビッチョビチョになりながら走ってた。
で、一応最後まで走って、完走しました。

K:おーすごい。

T:時間はだいぶかかったけどね。

K:時間どれくらいですか?

T:2時間58分やったかな?だいぶ遅かった。

K:へー。そうなんですね?
マラソン挑戦は何回目ですか?

T:マラソン挑戦はホノルルで4回と今回で5回目かな。

K:へーすごいですよねー。
私とか、長距離走 走りたくないタイプだから 笑

T:僕も走りたくないタイプなんやけどな。

K:あはは。なんで走ってんですか?

T:なんで走ってんねやろね。
もう今回でやめるって言っててんねんけど、
行って、そこで「また来年も来ます」ってなぜか言ってるし。
よくわからんな。

K:あはは。
なんで走ってるのか、ちょっと考えてみてください。

T:えー?
最初は、いっぺんホノルルマラソンを走りたいからって思いがあって、一生に一回ぐらいはマラソンってものを走ってみたい。それも、ホノルルマラソンを走ってみたいってのは昔から思ってたのよね。その夢を実現したのが始まり。

K:これってハーフマラソンですか?

T:ホノルルマラソンはフルマラソン。

K:じゃあ4回ともフルマラソンなんですか?

T:そう。

K:へー。すごい。

T:ところが1回目は30キロぐらいで完全に失速しちゃって、
元々5時間台で走りたいと思ってたのに6時間台やったんで、
来年こそはって2年目行ったら、どんどん成績落ちてって、
だから全然、思うように速くは走れてないよね。

K:あらら。

T:練習せーへんからな。全然。

K:あはは。それって、練習しなくても走れるものなんですね?

T:あのー。1年目は真面目にしました。
半年前くらいから練習して、練習で走った距離、20か30キロくらいまでは走れてたんやけど、それ以上になって未知の世界になってから足が全然動かなくなってね。びっくりするくらいスピードが落ちてったね。
2年目も(練習)やろうとは思てたんやけど、前年ゴールしてるっていうのがあるから、なんとかなるやろうと思っちゃって、
とりあえずゴールはできたけど、記録はだんだん悪くなってったね。

K:ふーん。
でも、やってない私からすると、マラソンなんて体力に自信のある人じゃないと完走とかできないだろうなと思っちゃうんですけど、
そんなことはないんですか?

T:そういうわけでもないんじゃない?
体力というより、あんなもん、気力やと思うで。

K:あー。体力とか、走る能力とかっていうより、気力ですか。

T:うん。
ゴールするのに時間は関係ないので。
特にホノルルマラソンはタイム制限は全然ないので。

K:あ、そうなんですね。

T:そうなんですよ!
だから10時間かかろうが12時間かかろうがずっといてはるから。

K:はー。じゃあ休み休み走ってる人もいるんですね?

T:そんなもん、みんな途中でほぼ歩いてはるよ。

K:あはは

T:僕らのいる辺りの人達はみんな歩いてる。

K:へー

T:前の方の3時間、4時間で走る人はずっと走り続けてはるけどね。5時間、6時間、7時間ってなってくると、だいたいみんな歩いてるし。

K:へー

T:3年目に、僕は逆に、ほんなら全部最初から歩いて何時間で行けるかってのをやったから。

K:アッハハ。全部歩いたんですか?

T:うん。全部歩いて6時間50何分。
7時間切ったんよ。

K:へー

T:だから歩いて7時間切れるんやと思って。

K:ハハ。42.195キロですよね。

T:そうそう。
だから、だいたいキロ10分の計算で時計見ながらずっと歩いて、
ちょっとだけ早めに歩いたら7時間以内で行けるからと思って。

K:ふーん

T:そんな難しくないよ。1キロ10分で歩くって。

K:そうなんですね

T:そうよ。普段ちょっと早歩きくらいで歩いてるのを延々、ずーっと続ければ。

K:そうか。もうまさに気力ですね。
諦めないってこと。

T:そうそう。諦めない。
そのスピードで延々歩き続けるっていうのさえやれば。
基本的に道路の車が走ってる広いとこを歩かせてくれるからさ。
端っこに避けんでもいいし。真ん中ずーっと走って、歩いて行けるしさ。

K:うん、うん。

T:後半になると、バテてる人たちの歩いてるスピードと全然変わってくる。

K:え?

T:前半は抜かれるけど、後半は逆にそのスピードで抜いて行くからね。

K:あはは。最初から歩いてるのが功を奏して!

T:そうそう。

K:へー

T:で、逆にどんどん抜いて行くとまた元気になるもん。

K:あはは。
最初から飛ばさないのがコツかもしれないですね。

T:あー絶対そうね。
それはQちゃんとのツアー行ったときも必ず言われた。
自分が普段練習してる時のペースよりも抑えめに前半を走りましょうって。後半も、そのスピードで維持できるか、逆に上げるぐらいのスピードで走ることができれば一番いいって。
最初に飛ばし過ぎると、絶対に30キロで体が壊れますって。

K:ふーん

T:それはもう毎回言ってはる。

K:だから、フルで4回行ってて今回ハーフだったから、
20キロまでやったら普通に走って最後まで行けるやろうってのはあったんでね。
その辺りは全然(心配してなかった)。
ただ暑さと湿度で全くスピードが上がらなかったね。

K:ふーん。
じゃあ、決めたことは最後までやり通すって気持ちさえあれば
大丈夫ってことですね。

T:そう。なんでもそうじゃない?
自分が最後までやるって決めたら、できる。
それだけだと思うよ。
うちの奥さんも10キロ走ってちゃんとゴールしてはったしね。

K:奥さんも、日頃特別にトレーニングしたりはされてないんですよね?

T:奥さんは、ヨガとテニスを週に1回ずつ行ってはる。
それは別にマラソンのためにじゃなしに自分の趣味で行ってはるだけやけどね。だからある程度基礎はあるね。

K:体は動かしてあるってことですね。

T:そうそう。僕より動かしてはるね。

K:あはは。へー。

T:20キロは2時間台で走れたから良かったね。
ぜひいっぺん行ってみてください。
5キロランでも。

K:はは、いつかですね。
私、でも暑い所ニガテなんですよね。

T:でもハワイとかバリとかは行ってるよね。おかしいじゃん。

K:そうですね。笑
じゃあ何かな?

T:グリッドに反応するんじゃない?
グアムにはグリッドがなくてハワイとかバリにはグリッドがある。

K:そうか!きっとそう!

T:だから暑いとか寒いとか関係ない。

K:そうだ!

T:僕は南の島は全般的に行くからね。
ハワイとかは癒されに行くんやと思うけど、
グアムとかバリに行ったのって目的が違うのよね。

K:やっぱりグアムに行った目的が別にあるんですね。
その目的ってなんですか?

つづく

南の島, 旅行

Posted by kaori